カスタマイズ オルタネーター プーリー

『unsungs』をご覧いただきありがとうございます。
今回の紹介・提案は、『カスタマイズ オルタネーター プーリー』です。

  IMG_2106.JPG


オルタネーターはリビルド品などが安く購入出来ますが、思いのほか低回転で発電しないなど不満に思うことはないでしょうか?
旧車も電制化が進んでいて、夜間など発電が心許無いこともあると思います。

  IMG_2107.JPG

ご紹介するのは、ジュラルミン(A2017)製の削り出しオルタネーター プーリーです。
低回転でも発電出来るように小径化しています。
レースユースで高回転まで回す方にはお勧め出来ませんが、街乗りが多く、電動ファンやオーディオ類を付けている方にお勧めです。
なお低回転での発電量が増えるため、オルタネーターの負荷が増えますのでご承知置き下さい。

  IMG_2083.JPG

また、リビルド品でプーリーが12.5mmのVベルト用になっている物があります。
写真のように、ベルトとプーリーの溝が合わないと、ベルトが食い込んで摩耗してしまいますので、一度、ご確認されることをお勧めします。
こちらのプーリーは510が9.5mmのベルトにつき、9.5mm用で作製しています。

  IMG_2080.JPG

オルタネーターのシャフト径が複数あるため、ご確認の上、お問い合わせ下さい。(上が17mm、下が15mm)

  IMG_2091.JPG

価格:約15000円 + 送料
納期:お問い合わせ下さい
別途、アルマイトをかけることも出来ますので、お問い合わせ下さい。
なお、こちらは日本国内にて加工しております。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ